2019年もナチュラル・ニュアンスがトレンド

おすすめトレンドのサークルレンズを厳選

「カラコン」「サークルレンズ」と言えば、10〜20代前半のちょっと派手なメイクを好む女子がつけるもの、というイメージがありました。つけてる子は「つけてる!」ってわかるので、そこをあえて挑むタイプと敬遠するタイプに分かれていた気がします。
ところがいつの間にかそんな時代は過ぎ去り、あくまで自然な「なんかかわいい」感だけをアップしてくれるレンズが主流になっています。特に2〜3色をMIXしたニュアンスカラーのレンズが人気の様子。これだけあったら選ぶほうも何を手がかりにすればいいのかわからない!というほど、その種類の豊富さはまるでサークルレンズ戦国時代の様相を呈していますね。
そこでこのサイトでは、最新技術やこだわりのデザインが光る2019年おすすめトレンドのサークルレンズを厳選してご紹介していきたいと思います。

商品名 オヴィ
(OvE)
ワンデーアキュビューディファインモイスト エバーカラーワンデーナチュラル ネオサイトワンデー リングUV シード アイコフレワンデーUV
オススメ度 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
着用イメージ ナチュラル・キラキラ・華やか ナチュラル・ニュアンス・くっきり ナチュラル・ニュアンス・華やか ナチュラル・ニュアンス ナチュラル・くっきり
カラバリ 5種類 7種類 6種類 4種類 4種類
着色直径 13〜14mm 12.5mm 13.8mm 13.0〜13.4mm 12.8〜13.2mm
着用例
コメント 業界初の左右非対称デザインでキラキラと華やかな目元をナチュラルにプロデュース!2019年のスタンダードはコレで決まり ナチュラルさを保ちながらもくっきりと立体感のある存在感のある目に!どこまで近づかれても違和感を感じさせません エバーカラー初の極小ドット採用で本来の瞳が持つ魅力を最大限に引き出してくれる!6種類のラインナップからその日の自分を選べます 自然なグラデーションでいつもの自分から変えていけるナチュラル仕立て!大きめの着色内径で視界も遮りません 自分でもつけているのを忘れるほどのつけ心地のよさの秘密は天然保湿成分!4種類のラインナップからなりたい自分をチョイス
詳細

サークルレンズはココをチェック!

①レンズタイプ

サークルレンズにもワンデー、2week、1monthといろいろタイプがありますが、視力矯正を主目的としたレンズと違って、ランダムにお化粧感覚で楽しむにはいつも新しく清潔なワンデータイプがおすすめ。ただし使用期限と取扱いには注意しましょう。

②安全性

サークルレンズあるいはカラコンの中には、高度管理医療機器としての承認を得ずに版場されているものもあります。これは本来違法。よって安全性の保証はまったくありません。大切な目を傷つけないよう、必ず高度管理医療機器承認番号が記載されているものを購入しましょう。

③BCを眼科でチェック

各レンズには必ずBC(ベースカーブ)なるものがあります。平均的に日本人は8.6mmと言われているのでこの前後のレンズが多く作られていますね。でもBCが合わないとゴロゴロしてつけ心地が悪くなり、目を傷つける要因にもなりますので、自分のBCを一度眼科で調べてもらうことをおすすめします。

④DIAと着色直径

レンズの仕様として明記されている「DIA」、これはレンズそのものの直径。これに加えてカラコンやサークルレンズには「着色直径(外径)」というものがあり、これが大きいほど黒目が大きくなります。ちなみに着色内径が小さすぎると着色部分が視界を遮って長時間つけるのは辛くなるのでこちらも要注意です。

⑤カラーバリエーション

かつて主流だったカラコンは髪や肌の色に合わせて選ぶものでしたが、ナチュラル系のサークルレンズは、なりたい雰囲気で選ぶのがベスト。また、瞳の色が黒いほど発色しにくく茶色っぽいほど発色しやすい傾向があり、薄い茶色の人が高発色レンズをつけると目立ちすぎてしまうこともあるので自分の瞳の色も把握しておくといいですね。

ナチュラルカラコン派必見!
自然に盛れる人気のワンデーコンタクトTOP5

今やデザインも仕様も豊富なカラコンの中で、普段使いもOKで自然に盛れるナチュラルなカラーコンタクト(サークルレンズ)を厳選してご紹介します。日常のあらゆるシーンで、家でも職場でも自然な魅力をアップしてくれる人気のレンズ10選。自然さが演出できるデザインかどうかに加え、長時間装用もOKな保水性やUVカット率を含む安全性についても比較しています。

サークルレンズおすすめNo.1

安室奈美恵さんや綾瀬はるかさんなど、多くの人気女優・アーティストを担当するメイクアップアーティストの中野明海さんが監修した世界初のデザインのサークルレンズ。撮影時にレフ板を使って被写体の瞳に映り込ませる光をコンタクトレンズで表すキャッチライトレンズで、1枚に3〜4色を使って瞳の中の光を表現します。業界初の1枚に3〜4色を使用し、「輝き」「潤い」「澄み」「柔らか」「透明感」をそれぞれ表現する5種類のレンズから選択可能。従来のカラコンのように瞳を大きくするのではなく、輝く瞳を表現するまったく新しいタイプのレンズです。

レンズタイプ ワンデー
カラバリ
5種類
※1枚のレンズに3〜4色を使って光のバリエーションを表現
BC(ベースカーブ) 8.6mm
DIA(直径) 14.2mm(No.1〜4)、14.5mm(No.5)
着色直径 13mm(No.1〜4)、14mm(No.5)
含水率 38.5%
※水分が蒸発しにくく乾きに強い
イオン性or非イオン性 非イオン性
※汚れがつきにくく長時間装用でも快適性が持続
酸素透過率
22.5Dk/L
UVカット
UV-A 50%未満
UV-B 5%未満
色素が直接目に付かない構造か
価格 1箱2枚入り380円(税抜)、10枚入り1,480円(税抜) 定期購入5,860円(税抜)
※10枚入り×6箱/月
オヴィ(OvE)の口コミ・評判
上品な輝きを手に入れました。

先月からオヴィに変えました。友人から教えてもらったのですが、今までのとキラキラした輝きが全然違います。それでいてナチュラルテイストなので上品に見えます。20代の頃は目が派手でもよかったけど、やっぱり30歳になったら品のある目がいいですよね。メイクでは出せない上品な輝きを手に入れました。

(31歳・女性)
一重でも自然に目が大きく

カラコンを使用したことがありますが、一重なので不自然になってしまい断念。オヴィのレンズは、一重でも自然に目が大きくなって写真写りもよくなりました。夕方になっても目が乾かないので、付け心地もとってもいいです。一重で悩んでいる人におすすめのコンタクトです。

(31歳・女性)
サークルレンズおすすめNo.2

インナー効果・アウター効果・リンバル効果という3種のシアーカラーグラデーションによって瞳を大きく、自然で立体感のある仕上がりにしてくれるカラーコンタクト。虹彩模様をもとにしたデザインで瞳に馴染みやすく、エッジのラインもなめらかで至近距離から見てもベタッとした違和感がありません。さらに色素が直接目に触れないサンドイッチ製法、高い酸素透過率とUVカット率により、通常のソフトコンタクトレンズと同じく瞳を健康に保ってつけ心地も快適です。

レンズタイプ ワンデー
カラバリ
7種類
BC(ベースカーブ) 8.5mm
DIA(直径) 14.2mm
着色直径 12.5mm
含水率 58%
※レンズが柔らかくつけ心地がよいが、乾いたときに元の状態に戻るのに時間がかかる
イオン性or非イオン性 イオン性
※プラスイオンを帯びた汚れを引き寄せやすい
酸素透過率
33.3Dk/L
UVカット
UV-A 約81%カット、UV-B:約97%カット
色素が直接目に付かない構造か
価格 1箱10枚入り980円(税抜)、30枚入り2,830円(税抜)
ワンデーアキュビューディファインモイストの口コミ・評判
社会人になるのを機に変えました。

学生時代はずっとカラコンを入れて派手なメイクをしていたので、社会人になるのを機にワンデーアキュビューディファインモイストに変えました。いきなりクリアコンタクトに戻すには抵抗があったので、派手すぎずに目を大きくできるサークルレンズは重宝しています。

(23歳・女性)
眼のカーブと合わないみたい

もともと目が大きい方なので、付けてもあまり変わらなかったコンタクトレンズです。色的にナチュラルシャインが気になったけど、私の眼のカーブと合わないみたいでずれたりすぐに外れそうになっちゃいます。夜までつけ続けられない・・・。

(29歳・女性)
サークルレンズおすすめNo.3

エバーカラー史上初の極小ドットを採用し、ますます本来の瞳の色に馴染んで自然な瞳をプロデュースするエバーカラーワンデーナチュラル。従来のナチュラルブラウン・シャンパンブラウン・ナチュラルブラックに、ナチュラルモカ・アプリコットブラウン・クラシックチークの3種類が加わって、合計6種のラインナップになっています。さらに、うるおい成分「MPCポリマー」がレンズを包んで乾きを防いで乾きを妨げ、高いUVカット率で目を刺激から守ってくれるなど、安全性も十分です。

レンズタイプ ワンデー
カラバリ
6種類
BC(ベースカーブ) 8.7mm
DIA(直径) 14.5mm
着色直径 13.8mm
含水率 8.6/42.5%
※乾きに強い低含水タイプと、含水率アップでつけ心地のよいタイプ
イオン性or非イオン性 非イオン性
※汚れがつきにくく長時間装用でも快適性が持続
酸素透過率
11.9〜13.8Dk/L
UVカット
UV-A 約83%カット
UV-B 約98%カット
色素が直接目に付かない構造か
価格 1箱20枚入り2,448円(税込)
エバーカラーワンデーナチュラルの口コミ・評判
きれいな先輩で通っています。

自然に目を大きく見せたいなら、一番のオススメです。つけた感じもいいです。ナチュラルブラウンを会社にしていってますが、誰にも気づかれないけど、きれいな先輩で通せているのはエバーカラーのおかげです。

(29歳・女性)
みんなにバレバレ

目が小さいので、つけた時に不自然に大きく見えてしまいました。ためしに一日つけて出かけてみましたが、「目、どうしたの」とみんなにいわれてバレバレでした。ナチュラルを期待していたので残念です。

(24歳・女性)
サークルレンズおすすめNo.4

新色のダークブラウンが加わって全4種類のカラーバリエーションのサークルレンズ。視界を遮らない大きめに設定された着色内径や、MPCポリマーによって長時間つけても乾燥しにくく眼も疲れない保水力、つけ心地を重視した含水率など、日常使いにこだわってナチュラルな雰囲気を重視して作られたレンズです。デザインも大小のドットをブレンドし、濃淡をランダムにすることで自然なグラデーションを引き出し、つけた時に瞳に馴染みやすい仕上がりになっています。

レンズタイプ ワンデー
カラバリ
4種類
BC(ベースカーブ) 8.6mm
DIA(直径) 14.0mm
着色直径 13.0/13.2/13.4mm
含水率 42.5%
※乾燥しにくさはキープしながらつけ心地も十分
イオン性or非イオン性 非イオン性
※汚れがつきにくく長時間装用でも快適性が持続
酸素透過率 11×10-11(cm2/sec)・(mL O2/ mL×mmHg) ※酸素透過係数
UVカット
UV-A 約83%カット
UV-B 約98%カット
色素が直接目に付かない構造か
価格 1箱30枚入り3,218円(税込)
ネオサイトワンデー リングUVの口コミ・評判
40代でも大丈夫

ダークブラウンをつけてます。40代でも大丈夫ですよ。人にはカラコンつけてるなんていってませんが、見た目に違和感がないのがとってもいいです。化粧で厚塗りにするより断然きれいになれるので、この年齢でつけるのもおすすめですよ。

(45歳・女性)
私には合っていなかったのかも

ブラウン系が充実しているサークルレンズだったので、どれも自然につけられるだろうと思って購入しましたが、思っていたよりも不自然さが際立ちました。色を変えてもつけてる感じがわかるので、私には合っていなかったのかも。

(31歳・女性)
サークルレンズおすすめNo.5

長時間装用でも目が疲れない、普段使いを目指したアイコフレワンデーUV。超薄型のレンズに施されたシード独自のスムース・エッジ・デザイン、汚れがつきにくく乾燥しにくい低含水レンズに加え、レンズ保存液に天然保湿成分「アルギン酸」を配合し、朝からつけても夜外すまでうるおいが持続します。4種類のラインナップは着色直径もそれぞれ異なり、シンプルでナチュラルなものからゴージャスで大人な雰囲気のものまで、気分やシチュエーションによって選ぶことができます。

レンズタイプ ワンデー
カラバリ
4種類
BC(ベースカーブ) 8.7mm
DIA(直径) 14.0mm
着色直径 12.8/13.0/13.2mm
含水率 38%
※水分が蒸発しにくく乾きに強い
イオン性or非イオン性 非イオン性
※汚れがつきにくく長時間装用でも快適性が持続
酸素透過率
24Dk/L
UVカット
紫外線吸収剤含有で紫外線をカット
色素が直接目に付かない構造か
価格 1箱10枚入り1,200円(税抜)
シード アイコフレワンデーUVの口コミ・評判
眼科ですすめられたコンタクトレンズなので安心

娘が使いたいというので、眼科に行き処方してもらいました。粗悪品は目を悪くしてしまうという話も聞いていたので眼科に連れて行ったのですが、実は私も気になっていたので一緒に診てもらい、娘はベースメイク、私はナチュラルメイクを購入。眼科ですすめられたコンタクトレンズなので安心です。

(48歳・女性)
物足りない

もとが少し茶色がかった瞳なので、つけていてもあまり違いがわかりません。リッチとグレイスは若干盛れる気もしましたが、自然な感じといわれてもこれでは物足りなさすぎます。装着感も時間が経つといまひとつ。

(32歳・女性)

オヴィ(OvE)がおすすめな理由!

①世界初!キャッチライトレンズ

いわゆる従来型の「つけてます!」的なカラーコンタクトにはまったく興味がなく、むしろつけている友達に苦言を呈していたような私が、カラコンもいいかもと思い始めたのは、ナチュラル系レンズが出てきてから。かわいく見られたい、でもオシャレに気負ってると思われたくない、という複雑な気持ちを反映してくれるようなレンズがいろいろ出てきて、シチュエーションに合わせてあれこれ使い分けたりしていました。
でも今回見つけたこの「OvE(オヴィ)」は、そんな複雑な心境でこそこそと水面下で努力する女子にとって、最高峰のアイテムと言えます。このレンズの存在を知り、情報を読んだだけですでにドキドキしていたのですが、実際につけてみたときのあの感覚、ぜひみなさんにも味わってもらいたいです。
世界初の「キャッチライトレンズ」というのがOvEの新しいポイントの1つですが、左右非対称のデザインにより実現されたというこの「キャッチライトレンズ」によって、目に光りが映り込むんです。それで顔の印象がこんなに変わるということにも驚きました。

②魅力的なカラー&デザインバリエーション

通常のカラコンは2色ですよね。それがOvEには1枚のレンズに3〜4色組み込まれています。情報だけを見ると、4色も目に入っていたらすごいことになるんじゃ?と想像してしまいますが、人間の目は実は黒と茶だけじゃないんですね。そこで複数の色を入れることで、自然さと透明感、立体感を出すことに成功しているんです。
私のような「これみよがしにオシャレしてるアピールしたくない!」という女子の心を掴んでいるのはココです。たぶんこのレンズをつけた私を見ても、何が違うのか気づく人は少ないでしょう。それでいて明らかに印象が違う。しかも色ではなく変わったのは「光」なので、ちょっとした目の表情に合わせてますます多彩な変化をもたらしてくれます。そしてどんなに顔を近付けてチェックされても、見た人には何が変わったのかわからない。まるで魔法のコンタクトですよね。

③中野明海さんが監修

私がこのレンズに心を奪われるきっかけになったのは、あのヘアメイクアップアーティストの中野明海さんが監修している!という情報でした。しかもよくありがちな、有名人の名前だけ借りて「監修」とつけるといった客寄せパンダのような形ではなく、中野明海さんがヘアメイクを始めたころからずっと欲しかったというレンズを実現したのが、このOvE。撮影現場で毎日のように使っている、レフ板を使って被写体の瞳の中に光を映り込ませる、あの技術をコンタクトレンズで使えれば・・・と思っていたそうです。彼女のような経験がなければ思いつかなかった発想ですね!
つまり私たちは、このレンズをつけることで、雑誌やテレビなんかで見る状態のモデルさんや女優さんたちの「瞳」を手にいれられるということ。いくらお化粧やファッションを真似ても、やっぱり元が違うからあの感じにはならないよねー、と思っている人と、この驚きを共有したいと思います。