サークルレンズ・カラコン基礎知識

初めてのサークルレンズ・カラコンの買い方!度ありは?ネット通販でもいい?

コンタクトはネット通販が便利!だけど・・・

コンタクトレンズを購入するには、かつて眼科併設のショップで診察を受けた上でなければなりませんでした。しかし今はインターネット通販を通じてコンタクトを買うことができる時代です。特にワンデーのレンズは定期的に購入しなければならないため、ネットで買えるのはとても便利ですよね。初めて度入りのレンズを買う場合は処方箋がなければどのレンズを買えばよいのかわかりませんが、例えば度なしのカラコンやサークルレンズは、化粧品を買うように自由に買うことができます
しかし本来、カラコンやサークルレンズであっても、処方箋や装用指示書がなければ購入することはできないようになっています。目の健康を守るためには、BC(ベースカーブ)が目に合っているものを選ばなければなりませんし、すでにレンズの度数がわかっているものを買い足す場合でも、度数は一度測ればずっと同じものでいいというわけではありません。コンタクトを使用するなら、ネットで購入する場合でも必ずその度に眼科の検診を受けるようにしましょう

初めてのサークルレンズ・カラコン購入手順

ではここで、コンタクトレンズの正しい買い方の手順をお伝えしておきます。サークルレンズやカラコンを購入する場合でも同じ手順を踏むようにしてください。

①眼科を受診する

眼科を受診してコンタクトを購入したい旨を伝え、視力検査や角膜検査などをして目の状態をチェックしてもらいます。BC(ベースカーブ)もここで調べます。そしてコンタクトレンズの使用が適切であると判断されると処方箋を出してもらえます。

②眼科で出してもらった処方箋をコンタクトレンズショップに提出

眼科での検査結果に基づいたデータが記載されている処方箋をコンタクトレンズショップに提出します。きちんとした処方箋のデータに基づいてレンズを選ぶことができるため、レンズが目に合わないために起こる様々なリスクを避けることができます。

③新たに同じレンズを買い足したい場合でも、そのタイミングで眼科を受診する

一度出してもらった処方箋のデータをもとに同じレンズを買い足したい場合は、新しい処方箋無しでも購入できる場合がありますが、定期検診の意味も含めて、数ヶ月に一度は眼科を受診し、その時の目の状態に合った処方箋を出してもらいましょう

ネット購入時に必要なレンズデータとは?

ネット通販でコンタクトを購入する場合は、処方箋やそれに代わる装用指示書に書かれた、度数やBC(ベースカーブ)、DIA(ダイア=直径)、軸、乱視度数、加入度数などの数値をネット上の専用フォームに入力してレンズを注文します。そして注文したレンズが届いたときにも、パッケージに記載されているデータが処方箋データと合っているかどうかもう一度自分で確認し、その上で装用するようにしましょう。
また、処方箋に基づいたデータを自分で入力する以外に、処方箋や装用指示書の提出が求められる場合もあり、それができなければ購入不可能なケースもあれば、購入価格が割高に成るケースもあります。いずれにしても、やはりレンズ購入時には一度眼科を受診するべし!ということですね。
インターネットでの購入は便利ではありますが、便利さのみを享受して眼科での受診を怠ることは、長い目で見て目の健康に大きなリスクを負わせてしまうことになります。自分の体を自分で守るためには、コンタクトレンズが高度管理医療機器であることをしっかり理解した上で、正しく購入するようにしましょう。