サークルレンズ・カラコン基礎知識

初心者必須!サークルレンズ・カラコンのDIA(ダイア)と着色直径選び

コンタクトレンズのDIA(ダイア)ってなに?

BC(ベースカーブ)と同じように、コンタクトレンズのレンズデータとしてパッケージやカタログに記載されている「DIA(ダイア)」とは何か、ご存じでしょうか。
「DIA」とは英語のdiameter(直径)を略したもので、レンズの直径(大きさ)を表すものです。「直径」とそのまま書かれていることもありますよね。DIAは一般的にハードコンタクトは9mm前後、ソフトコンタクトは14mm前後であることが多く、サークルレンズやカラコンはソフトレンズなので、同じく14mm前後が主流です。
DIAが大きくなればなるほど、目を覆うレンズの面積が広くなるため、その分レンズの酸素透過性が目の健康に大きく影響することになります。ソフトレンズの性能が向上し続けている昨今でも、やはり目の健康にはハードレンズがいいと言われる所以の1つはここにありますね。カラコンやサークルレンズを選ぶ際、コンタクト自体を装用するのが初めてという人は、まずは少しでも小さめのDIAのレンズから試してみるほうがいいと言えるでしょう。

カラコン・サークルレンズの着色直径ってなに?

カラコンやサークルレンズには、DIAのほかに「着色直径」というデータも記載されている場合が多いですね。これは色がついている部分の外径のこと。こちらを「着色外径」、そしてレンズの中心部の色のついていない部分の大きさを表す数値を「着色内径」とも言います。

黒目部分を大きく見せたい!という人はこの着色直径が大きいものを選ぶといい、ということになりますが、この着色直径の大きさが自然に見えるかわざとらしく見えるかの分岐ポイントとも言えます。いかにもカラコンつけてます!という風に見せたくないなら、一般的な瞳の大きさの人にとってのおすすめは13mm。14mmを超える場合はあえての違和感を狙っていくつもりで装用するといいかもしれませんね。また、着色内径が小さすぎると視界が狭くなりますので、そちらも注意して選んでみてください。

黄金比率を基準に選ぶのもオススメ

一般的に瞳が美しく見える黄金バランスは、「白目:黒目:白目=1:2:1」と言われています。着色直径を選ぶときに迷ったら、一度この黄金律に頼ってみるのもいいかもしれません。
目の大きさも眼球の大きさも人それぞれなので、厳密に言えば着色直径が14.3mmのレンズをつけた場合、黒目がとても大きく見える人もいれば、元の状態と比べてあまり違和感がないという人もいるでしょう。自分の目の黄金律を割り出すためには、まず目頭から目尻までの目幅を測ってみて、その数値を2で割ってみてください。それが黄金律に沿ったあなたの理想お黒目の大きさです。

目幅(目頭から目尻までの長さ)÷ 2 = 理想的な黒目の直径

この数値の着色直径をもつレンズを選べば、美しいバランスの目をプロデュースすることができるというわけですね。まずはここから始めて、後は自分の好みで少しずつチャレンジしていくのもいいと思います。