サークルレンズ・カラコン基礎知識

初心者必須!サークルレンズ・カラコンの含水率・酸素透過率ってなに?

サークルレンズやカラコンの含水率とは?

コンタクトの購入を検討したことがある人なら、きっと一度は耳にしたことがはるはずの「含水率」。これは読んで字の如く、レンズにどれだけの水分が含まれているかを示す数値です。「○%」という形でレンズデータとして表示されています。
含水率が50%を超えるものは「高含水レンズ」、50%を下回るものは「低含水レンズ」と呼ばれます。高含水か低含水かなら、高含水のほうがよさそう!というイメージがありますが、実はそうでもありません。それぞれの特徴を見てみましょう。

含水率50%を超える「高含水レンズ」

レンズが水分を多く含む分、装用時のつけ心地が非常によく、目に異物が入っているという違和感はほぼゼロ。ただし、その状態をキープするためには多くの水分をつねに必要とするため乾きやすく、また一度乾くと元の状態に戻るまでに時間がかかる

含水率50%を下回る「低含水レンズ」

乾きに強く、ドライアイの人、目が乾きやすい人でも違和感なくつけることが可能。ただしレンズ自体が高含水レンズと比べて硬めに作られているため、初心者はつけ心地に慣れるまでに時間を要することもある。

サークルレンズやカラコンの酸素透過率とは?

含水率と同じく、目の健康に大きく関わるレンズ性能の1つとして、酸素透過率があります。これはそのレンズがどのくらい酸素を通してくれるかを表すものであり、数値が低ければ低いほど目が呼吸できなくなるため、レンズ装用中に目にかかる負担が大きくなるというわけですね。
酸素透過率は酸素透過係数(DK値)にレンズの厚みを考慮して算出されたもの。酸素透過係数とは、レンズ素材内部で酸素がどのくらい移動しやすいかを表す「D」と、レンズの外から中へ酸素がどのくらい入りやすいかを表す「K」を掛け合わせたDK値で表されますが、酸素をどれだけ通すかはレンズの厚みによっても変わってくるため、酸素透過係数だけでなく酸素透過率をチェックすることが望ましいでしょう。
ただしカラコンやサークルレンズについては、酸素透過率は公開せず、酸素透過係数のみを公開している、あるいはいずれも非公開のメーカーも少なくありません。この場合は自慢できる数値ではない可能性を考慮した上で、どうしてもそれがいい場合はお試しで購入し、つけ心地を確認してみることをおすすめします。

サークルレンズやカラコンの中心厚は薄いほうがよいワケ

レンズデータとして記載されている「CT」とは、レンズの中心厚を表すものですが、これは酸素透過率にも大きく関わってくるデータの1つ。こちらも合わせてチェックしてみることをおすすめします。
レンズの中心厚は、厚くなればなるほど形状保持力は高くなりますが、目に入れたときにゴロゴロするといった違和感は強くなります。逆に薄くなればなるほど装用感は向上し、酸素透過率も高くなるため、目の健康には非常によい状態を保つには、中心厚が薄いレンズのほうがおすすめと言えますね。
カラコンやサークルレンズにありがちな酸素透過係数の低いレンズは要注意ですが、中心厚が薄くなることでこのリスクは若干相殺されるとも言えます。逆に言えばいくら酸素透過係数が高くても、レンズが厚ければ酸素透過率は低くなりますので、こうしたデータをよくチェックしてから選ぶようにしてください。