サークルレンズ・カラコン基礎知識

怖くない!サークルレンズ・カラコンの付け方を分かりやすく解説

簡単!サークルレンズ・カラコンの付け方

①手洗いをします

事前準備として、石けんでしっかり手を洗いましょう。手についた雑菌が目に入るのを防ぐためです。慣れてくるとサボってしまう人も多いですが、目を守るためにも必ず実行して癖付けましょう。

②レンズを取り出します

レンズを容器から優しく取り出します。レンズを取り出す際は、爪が当たるとレンズが傷ついたり破れたりするので、短く切っておくのが理想。爪を長くしている方はコンタクト専用のピンセットを用意しておくといいですよ。

③レンズの裏表を確認します

取り出したレンズを利き手の人差し指の腹に乗せて、裏表が正しいかチェックします。容器に入っていた形を崩さなければ大丈夫、と思っている人もいますが、容器の中で裏表が逆になっていることもよくあります。
レンズのフチがお椀の形になっていればOK。レンズのフチが反り返っていたら裏返して直してください。

④下まぶたを引き下げます

レンズを利き手の人差し指の腹に乗せたまま、同じ手の中指で下まぶたを引き下げます。

⑤上まぶたを引き上げます

もう一方の手の指で、上まぶたを引き上げます。

⑥レンズを付けます

正面を見ながら、レンズを黒目の上にそっと乗せます。乗ったことが確認できたら手を離します。 うまく乗ると、ピタッとくっついた感覚があります。指が濡れているとレンズが離れにくくなることがあります。その時は指の水分を拭いてもう一度トライしてみてください。

⑦ゆっくりまばたきをします

装着できたら、ゆっくりまばたきをして、違和感がないか確認してください。 初めての場合だと装着直後は異物感を感じることもありますが、数分で落ち着いてきます。もし異物感が続いたり、痛みがある場合には外してください

サークルレンズ・カラコンの上手な外し方

①手洗いをします

付けるとき同様、石けんでしっかり手を洗います。

②下まぶたを引き下げます

外すときは、利き手だけでOK。まず、利き手の中指で下まぶたを引き下げます。

③レンズを外す

その状態のまま、親指と人差し指でレンズをつまみ、外します。この時、レンズを白目までずらしてからつまむと外れやすいです。

※注意点※

レンズや目が乾燥していると、張り付いて取れにくい場合があります。無理に取ると目を傷つけますので、絶対にやめてください。コンタクトが張り付いて取れない場合は「コンタクトが張り付いて取れない・目の裏側に入った!?痛みなく外す方法」をご覧ください。

ネイルをしている場合

ネイルをしていると、レンズを外しづらい場合があります。爪が長すぎないのであれば、上記と同じやり方で、指の腹でレンズをつまむようにして外してください。爪が長いとこのやり方でも難しいですが、手を使わずにつけ外しができるグッズも出ているので利用してみるといいかもしれません。くれぐれも、爪で目を傷つけないように気をつけましょう。

メイクはコンタクトの前?後?

皆さん予想通りかもしれませんが、コンタクトはメイクの前に付けるほうがよいです。
メイクって結構手が汚れませんか?手で直接リキッドファンデーションを塗ったり、コンシーラーを馴染ませたり・・・。コンタクトは清潔な手で扱うことが必須。コスメには油分が含まれているので、手を洗ってもなかなか落ちにくいです。汚れが付いたままの手でコンタクトを入れると、レンズが曇ってやり直しになったり、目に汚れがついてしまうことがあります。
メイクを落とす際も、先にコンタクトを外してください。レンズを付けたままだと、クレンジング剤が目に入りレンズを汚してトラブルの原因になったり、レンズによっては変形することもあります。

・アイメイクをする際の注意点

毎日欠かせないアイメイクも、目にとっては汚れです。
コンタクトユーザーが特に注意したいのが、上下まぶたの内側(まつ毛の生え際あたり)にある「マイボーム腺」をメイクでふさいでしまうこと。

マイボーム腺からは、目の潤いに大切な脂質が分泌されます。ここをアイライナーで塞いでしまったり、アイシャドウが付着すると、本来の機能を果たせなくなり、ドライアイの原因となります。 せっかくサークルレンズやカラコンでおしゃれをしたのに、ドライアイでゴロゴロしたり充血してしまうのは残念ですし、何より目の健康によくありません。アイメイクをする際には、まつ毛の外側にするように心がけてくださいね。