サークルレンズ・カラコンの色・メイク・印象

一重さんのサークルレンズ・カラコン選びのコツ!小さい目でも華やかに

一重さんだからこそサークルレンズ・カラコンがおすすめ!

りょうさんや木村多江さん、多部美華子さんなど、一重美人と言われる女優さんはたくさんいますが、いざ自分の一重まぶたを見ると、やはり顔が腫れぼったく見えたり、人相が悪く見られたり、パッチリアイメイクがしにくかったりと、コンプレックスを持っている女性も多いようですね。一重だからカラコンなんて似合うはずがない・・・!と諦めてしまっている人もいるかもしれません。
でもちょっと待ってください。一重だからこそ、サークルレンズやカラコンで、重く冷たい印象になりがちな目元を華やかに見せることも可能。逆にその重厚さを魅力に変えることもできるのです。

一重さんに似合うサークルレンズ・カラコンは?

せっかくの一重を引き立てるには、一重に似合うサークルレンズやカラコンを厳選して使ってみましょう。ポイントは着色直径・カラー・デザインといろいろありますが、1つずつ一重まぶたによく似合うモノをご紹介していきたいと思います。

着色直径は少し小さめが基本

一重まぶたの人の悩みポイントである地味な目元を解消するには、黒目を大きくするのがベスト!という発想に行きがちですが、魅力的な目を作るには黒目と白目の黄金律というものがあり、二重の人よりも白目が隠れがちな一重の人が黒目を大きくしすぎると、極端に白目の面積が減って違和感が出すぎてしまいます。一重向きのちょうどいい着色直径は13.4〜13.6mm。まずはこれを基準として試してみてください。

カラーは透明感のある淡い色を選ぼう

一重まぶたの目元に彩りを与えるには、重い単色のベタッとしたカラーよりも、ハーフアイを目指せるような淡い色、あるいは複色のニュアンスカラーがおすすめです。重く暗い雰囲気を謎めいた魅惑的なムードに転じることができ、華やかで透明感のある目元を作ることができます。

デザインはグラデーションのあるフチありがベスト

せっかくカラコンやサークルレンズをつけるなら、一重の最大の悩みである目力の弱さを解消したいですよね。そのためにはフチありがベストですが、上記でもお話したように、黒目が大きくなりすぎるのはNGなので、フチありはフチありでも、白目と黒目の境界が自然で馴染みやすいグラデーションのあるフチを選びましょう。今はナチュラルな目元を作るためにドットの大きさやデザインが工夫されていますので、似合うデザインが必ず見つかるはずです。

一重さんを魅力的に見せるアイメイクのコツ

ではカラコンやサークルレンズで瞳を彩ったら、今度はそれに合わせて華やかなアイメイクを試してみましょう。

ポイントはやはりこちらもグラデーション

レンズ選びのポイントとして、フチがグラデーションになっているものを選ぼう!というお話をしましたが、アイメイクもやはりポイントは「グラデーション」です。

まずは色選びですが、肌色や淡いピンクなど、肌馴染みの良い色を使うと腫れぼったさがアップしてしまいます。ここでは濃いめのグレーやブラウン、パープル、ゴールドなどを選んでみてください
まずはハイライトカラーをアイホール全体に塗り、次にミディアムカラーを塗りますが、この時に最終的にキレイなグラデーションが出るようにアイホールの半分くらいまでがっちり塗りましょう。そしていちばん濃い色のメインカラーはまぶたのキワに細めに塗りますが、目尻は3色が同じ太さのグラデーションになるくらいに太めに塗ります。
また、顔全体にもグラデーションをうまく使って凹凸を作ると、彫りの深い印象を作ることができるので、腫れぼったさやぽってりした印象を払拭することができますね。つまり、一重の持つ強さを利用しながら華やかな印象を作るポイントは、コンタクトもメイクも「グラデーション」が大事!ということですね。