サークルレンズ・カラコンの色・メイク・印象

メンズカラコン愛用者が増えている?男性がサークルレンズ・カラコンをするワケ

男性もサークルレンズ・カラコンを付ける時代!目的は?

カラコン、サークルレンズと言えば女性のもの。男性が付けるとすればギャル男やヴィジュアル系。
しかし最近はギャル男やV系ではない、いわゆる普通のファッションを好む男性からの需要も高まっているんです。その流れを受け、男性向けのサークルレンズ・カラコンも販売されるようになりました。 では、男性がカラコンを利用する目的とは?さっそく見ていきましょう。

①ファッションとして

10~20代の、オシャレ感度の高いメンズならカラコンは常識かも?女性と同じようにオシャレ目的で付けているケースです。ファッションとして付けている男性からは、服装や髪型には気合が入っているのに顔だけ薄いとアンバランスだから、という声も。女性も服装や髪型とメイクを合わせますが、それと同じ感覚ということですね。意識が高いです!

②印象を変えられる

目の印象は、顔全体の印象を左右します。例えば三白眼でキツく見られがちな場合、サークルレンズで黒目を大きくしてあげれば優しい印象になります。
よく、カラコンを付けている目には生気がない、なんて言われたりしましたが、最近のレンズは自然なものが多く付けているほうが生き生きして見えることも。目のキラキラした男性は、女性からの支持率も高いはずです。

③仕事で好印象を与えられる

営業職や接客業など、見た目の印象が大事になる職業の男性にも利用されています。「目は口ほどに物を言う」と言うように、パッチリと大きな瞳、凛とした瞳には説得力がありますよね。
サークルレンズやカラコンは、女性のようなメイクはできないビジネスマンの強い味方かもしれません。

男性におすすめのサークルレンズ・カラコンは?

カラコンはファッションだから、どんな色でもチャレンジしたい!
・・・というオシャレ上級者もいるかもしれませんが、「付けていることはバレたくない」「自然に印象を変えたい」という男性のほうが多いのではないでしょうか?
ここでは、ナチュラルさを重視したい男性向けのサークルレンズ・カラコン選びのポイントを紹介します。
ちなみに、サークルレンズやカラコンはその可愛らしいパッケージから女性用と思われがちですが、特に男女で違いがあるわけではありません。男性向けレンズだけでなく、女性向けのレンズも見てみると選ぶ幅が広がりますよ。

ブラックかブラウンのような、元の瞳の色に近いカラーが自然です。目力を強くしたいとき、キリっと見せたいときにはブラック。優しく話しやすい印象にするならブラウンがおすすめです。ライトブラウン・ダークブラウンなど髪色の明るさに合わせてもいいですね。

大きさ

サークルレンズやカラコンは商品によって大きさが異なります。さらに、その大きさも「レンズの大きさをあらわす直径(DIA)」と、「色のついた部分の大きさをあらわす着色直径」があります。
見た目の印象を左右するのは後者の着色直径。着色直径が大きいほど、黒目部分が大きくなって目立つ、というわけです。付けていることがバレたくない場合、着色直径は小さめの13㎜程度のものがおすすめです。
また、目がもっとも魅力的に見える白目と黒目のバランスは、「白目:黒目:白目=1:2:1」とされ、黄金比率と呼ばれています。これは男性も女性も同じ。この黄金バランスになるような着色直径のレンズを選ぶのもおすすめです。
着色直径選び・黄金比率については「初心者必須!サークルレンズ・カラコンのDIA(ダイア)と着色直径選び」で詳しく書いていますので参考になさってください。

レンズタイプ

普通のソフトコンタクトレンズと同じように、サークルレンズやカラコンにも1day、2week、1monthの3種類があります。コスパ的には2weekや1monthが優秀なのですが、おすすめなのは1day。衛生的で時短というのはもちろんですが、やはりサークルレンズやカラコンはファッションとしての役割が大きいもの。どうせなら色々なレンズを試してみたほうが楽しいから、というのが1dayをおすすめする理由です。また種類の豊富さも圧倒的に1dayです。

以上、メンズカラコン選びのポイントでした。カラコン初心者の男性、彼を変身させたい女性の参考になりましたら幸いです。男性のカラコンが当たり前になる時代も、すぐそこかもしれませんね。