サークルレンズ・カラコンのトラブルと安全対策

コンタクトが張り付いて取れない・目の裏側に入った!?痛みなく外す方法

コンタクトユーザーなら誰もが経験する?「コンタクトが取れない!」

視力矯正用のコンタクト、カラコン、サークルレンズなどの種類を問わず、コンタクトユーザーなら「コンタクトレンズが目の中で行方不明になった!」「目に張り付いて取れない」と焦った経験が一度はあるのではないでしょうか。
このときに、いちばんやってはいけないことが、行方不明のレンズを手で探したり、張り付いたレンズを無理矢理取ろうとして、指で眼球を触ってしまうことです。こういうときはだいたい焦っているので手を洗うことも忘れて汚い手で目を触ってしまいがちですが、それによって目が炎症を起こすという二次災害につながる危険性もあるので、まずは落ち着いて対処しましょう。

コンタクトが張り付いて取れない場合の対処法

コンタクトが目に張り付いて取れない!というときの原因はただ1つ、目の乾燥です。以下の手順で落ち着いて対処するようにしてみてください。

① ソフトレンズ装用時でもさせる人工涙液の目薬をさす
② 目を閉じて目薬が目を潤わせるのを待つ
③ 目を開いてまぶたの外に出た余分な水分を拭き取る
④ 手を洗い、手に付いた水分をキレイなタオルで拭き取る
⑤ レンズの位置を確認し、指でゆっくり外す

⑤の段階でまだレンズが張り付いていて取りづらい場合は、もう一度①に戻ってやり直しましょう。何度やっても取れないというときは、ぬるま湯に顔をつけた状態でまばたきをしてみるのも1つの方法です。絶対にやってはいけないのは、シールをはがすようにして無理矢理張り付いたレンズを目からはぎ取ること。角膜に傷をつけてしまう危険性が高いので、これだけは絶対にやめましょう。

コンタクトがどこにあるか分からない場合の対処法

コンタクトが行方不明!という場合に考えられるのは、以下のいずれかです。

① まぶたで覆われている部分にレンズが移動している

② 外れて目の外に落ちてしまっている

まず、目を閉じた状態で、目の中のどこかに異物感がないかを確認してみましょう。黒目の上以外のどこかにレンズがズレていれば、そこに違和感を感じるはずです。そして手をキレイに洗い、鏡を見ながらまぶたを持ち上げたり眼球を動かしたりしてどこかにレンズがないかを探してみてください。どうしても見当たらない場合は、外に落ちている可能性が高いと思われます。
目の中のどこかにレンズが見つかったら、レンズがある場所に届くように目薬をさし、何度かまばたきをしてみてください。目が潤ってレンズが動くようになったら、まぶたを引っ張ったり目を動かしたりして定位置に戻し、それから指を使って外します。
目の奥に違和感があるけれども鏡ではどうしても見えないという場合、レンズが目の裏側に行くことはありませんが、まぶたと眼球がつながっている端の部分に入り込んでいる可能性があります。その可能性がある場合は、そのままの状態で眼科を受診してください。