サークルレンズ・カラコンのトラブルと安全対策

サークルレンズ・カラコンで充血する!対処法や最適な目薬は?

カラコン・サークルレンズで充血してしまうのはなぜ?

カラコンやサークルレンズをつけていて、気がつくと目が真っ赤に充血していた!なんてこと、ありますよね。せっかくコンタクトでおしゃれをしていても、目が充血してしまっては台無しですが、これは実はレンズ装用の副作用としてよく起こることなのです。
通常のレンズよりも酸素透過率がどうしても低めになってしまうカラコンやサークルレンズをつけていると、レンズで覆われている部分は酸素不足になりがち。そうすると白目の部分の血管が黒目に酸素や栄養素を送ろうとして血管が膨張します。これが結果として目の充血につながるんですね。
つまり、酸素不足という異常事態に目が必死に対処しようとしている状態が、この目が真っ赤に充血した状態であるということ。その他にも目の疲れや傷なども充血の原因になりますが、そういった直接原因がない場合に目が充血しているなら、多くの場合は酸素不足が原因です。

カラコン・サークルレンズで充血してしまったときの対処法

カラコンやサークルレンズをつけていて目が充血してしまったとき、最もおすすめの対処法はただちにレンズを外すことです。上記に挙げた充血の原因を理解してもらうとわかると思いますが、充血しているということはレンズで覆われた部分に酸素が不足している、つまり息ができない状態になっているということですよね。溺れているのと同じ状態です。そんなときに緊急対処すべきは、まずは酸素を送ることだと考えると、レンズをただちに外さなければならない理由がよくわかります。
コンタクトで充血したときのための目薬も市販されていますが、これは血管収縮剤によって一時的に充血を緩和させるだけで、根本的な状況の改善にはなりません。ここはやはり、レンズを外して充血が落ち着くのを待つというのが最善と言えるでしょう。

カラコン・サークルレンズによる充血の予防策

せっかくカラコンやサークルレンズをつけるなら、オシャレな姿を充血でダメにしてしまわないよう、しっかり予防して万全の体制を整えておきましょう。

①目に合ったレンズを選ぶ

目が充血する原因は酸素不足なので、まずはレンズをつけた状態で目に負担ができるだけかからないよう、目に合ったレンズを選ぶようにしましょう。BC(ベースカーブ)を事前に眼科で調べてもらい、それに合うレンズを選ぶ、白目を覆いすぎないようDIA(ダイア)をチェックする、といった事前準備をしてから、自分に合うレンズを購入してください。

②酸素透過率の高いレンズを選ぶ

次に酸素透過率です。カラコンやサークルレンズは比較的低めのものが多いのですが、最低でも20以上のものを選ぶようにしましょう。また、通常の視力矯正用のレンズよりは酸素透過率が高くないことを念頭に置いて、長時間装用には注意が必要です。

③目薬をまめにさすようにする

目薬をまめにさして、目が水分不足に陥らないように注意することも重要です。水分が足りなくなるとレンズが乾きやすくなり、その結果酸素透過性も下がってしまうので、目がゴロゴロしたり違和感を覚えたりしたら、ただちに目薬をさす習慣をつけるといいですね。ただし、目薬は防腐剤や血管収縮剤が入っていないカラコンOKのものを選びましょう。